フィデーラのクレカHP

クレジットカードを作った後やってはいけない事とは?


クレジットカードは大変便利なものですが、これはやってはいけないという事があります。

まず、クレジットカードは手元に届いた場合、必ず裏面に自分の名前を署名しなければいけません。

基本中の基本ですが、案外書かれていないことも多く、署名がないばかりに商品が買えないという事態も起こってきます。理由としては、もし盗難にあった場合、裏面に署名がないと盗難保険の対象外とみなされてしまうからです。

他にも、たとえ家族であったとしても自分のカードを貸し借りすることです。よくありがちなことですが、基本的にクレジットカードは自分以外の人間が使うことができない決まりになっています。これも盗難と同様、盗難保険の対象外となってしまうので、やってはいけません。

最後にこれは犯罪ギリギリな行為ですが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為です。

手軽に現金を手にできるので一石二丁と考える人もいるかもしれませんが、カード会社に怪しまれた場合、一括返済を迫られたり、もし自己破産をすることになった場合、現金化に手を染めていたばかりに自己破産ができない事もありますので、気をつけておきましょう。